光触媒は消臭やウイルス対策に最適。壁面施工、車内消臭の商品を販売。

光触媒の効果測定にはルミテスターの活用が最適です

キッコーマン製のルミテスターを活用する「ATPふき取り検査」で光触媒の効果を確認することができます。ATPふき取り検査とは、検査したい場所に存在する汚れをふき取り、汚れに含まれるATP(アデノシン三デン酸)の量の数値で汚れ状況を判断するものです。早速ルミテスターを購入し、実験してみました。

【手の汚れ実験】 ※サンプルは弊社代表の一宮です。

①洗っていない手の汚れをルシパック(綿棒)でふき取ります。タテ・ヨコ・周囲をきちんとふき取ります。

 手ふき取り.jpg

 

 

 

 

 

 

 

②ルシパックをルミテスターに入れて測定です。10秒で結果がでます。

 機械へ入れる.jpg

 

 

 

 

 

 

 

③測定数値は6437。さすがの数値です。しっかり汚れています。

 手処理前.jpg

 

 

 

 

 

 

 

  弊社光触媒消臭スプレー「ウィルスエース07」を手に噴霧します。

手メック噴霧.jpg

 

 

 

 

 

⑤2分後にふき取り数値を測定。数値565まずまずキレイと言える数値です。光触媒消臭剤の効果が確認できました。

数値手.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

   

【光触媒施工壁】 ※サンプルは弊社岐阜営業所壁面(約3年前にクロスに光触媒施工済み)

①先ずは壁の通常の状態でふき取り。

 壁ふきとり.jpg

 

 

 

 

 

 

 

②数値は148とすばらしくキレイな数値です。普段から拭き掃除などほとんどやっていませんが、光触媒効果でとてもキレイな状態でした。

 壁数値.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

③今度は同じところに社員2名が洗っていない手の汚れを擦り付けます。

 壁に手の汚れつける.jpg

 

 

 

 

 

 

 

④すぐにふき取った数値は1187。やはり手の汚れが少しついています。

 壁手の汚れふき取り数値.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤今後は30分後にふき取り。数値は355。光触媒の酸化分解力でキレイな状態に急速に戻っていくことが検証できました。

壁汚れつけて30分後の数値.jpg

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 光触媒の効果測定にはルミテスターの活用が最適です

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://tn-japan.jp/mt42/mt-tb.cgi/27

光触媒の効果測定にはルミテスターの活用が最適ですの関連ページ


ページ名:光触媒の効果測定にはルミテスターの活用が最適です
チタンネクストジャパントップへ

チタンネクストジャパンは光触媒事業を全国で展開しています

 

●北海道旭川営業所

 (有限会社橋本表装店

●福島郡山営業所

 (株式会社 I.T.O.

●埼玉営業所

 (株式会社光輝

●町田営業所

 (有限会社宮崎建装

●神奈川大和営業所

 (有限会社アートインテリア

●長野営業所

 (丸富有限会社小諸営業所

●静岡営業所)

 (株式会社チタンネクスト北海道

●愛知一宮営業所

 (大辰工業株式会社

●岐阜営業所

 (丸富有限会社

●大阪門真営業所

 (アスク株式会社

●大阪八尾営業所 

 (ケージーパルテック株式会社

●岡山営業所

 (有限会社沼本商会

●香川坂出営業所

 (株式会社トリイ・ケンコー

●徳島営業所

 (有限会社一宮商店

●松山営業所

 (株式会社マーメイド四国